プライバシー
保護(GDPR)

ソリューションの概要

バイオメトリクスを使用する入退管理および勤怠管理システムには、特定のセキュリティ脅威に備えるための技術と規制が必要です。また、セキュリティに関連する要因は、独立した要因が存在しない補完的な要素であり、多くのリソースを考慮する必要があります。Suprema のソリューションは、さまざまな方法でセキュリティを強化しています。

ソリューションの特長

テンプレート用のバイオメトリクスデータを確実に保護

認証用に登録された実際の指紋画像や顔画像が漏洩されると、セキュリティに重大な脅威をもたらす可能性があります。バイオメトリクス認証情報をサーバー、デバイス、またはスマートカードに保存できます。高度な解析アルゴリズムにより、実際の画像をアルゴリズムテンプレートとして再編成し、テンプレートの保存場所に応じて AES 128 ビット、AES 256 ビット、または DES/3DES で暗号化します。

トランザクション、マルウェア、およびデータ漏洩からの保護
暗号化と証明書を使用した通信保護は、システムで使用されているすべての TCP 通信と RS-485 通信に適用されます。サーバーからデバイスへの通信は TLS 1.2(SSL/HTTPS を含む)によって保護され、デバイスからデバイスへの通信は証明書を使用して保護されます。この通信構造は、権限のない人が途中のデータを傍受した場合でも読み取れなくなり、デバイスを操作して他の目的に使用することを防ぐことができます。
エッジデバイス上のプライバシーデータの物理的な保護
保存されたデータを物理的に保護するために、Suprema のすべてのデバイスは不正使用防止機能を備えています。権限のない人がデバイスを壁からはずすと、デバイスに保存されているすべてのデータ(ユーザー情報、イベントログ、およびテンプレート)が削除され、設定がリセットされます。
適合証明の提供
すべてのシステムログは、BioStar 2 プラットフォームにログインした瞬間から記録されます。すべての接続 IP、ログインユーザー、ログイン時間、変更情報、および実行された動作がシステムに記録されます。
Access on Card による個人情報の保護
Suprema の Access on Card(AoC、カードによる入退)技術は、バイオメトリクステンプレート、ID、PIN、および入退権限などの情報をスマートカードに保存するのに役立ちます。スマートカードに暗号化されて保存された個人情報は、デバイスやサーバーに保存する必要がないため、セキュリティがさらに強化されます。
個人データのライフサイクルの管理
サーバーに保存されているイベントログとデータを一定期間保持した後で削除するように、BioStar 2 プラットフォームを設定できます。そうすれば、どこかに残っているかもしれない個人情報について心配する必要はありません。
データへのアクセスの認証
BioStar 2 プラットフォームは、プライバシー保護および組織的運用要件を正確に反映できます。許可レベルを分割して管理することができるので、さまざまな方法で個人情報にアクセスできます。

お問い合わせフォーム

お問い合わせのタイプを選択してください *
メールアドレス *
氏名 *
Country *
社名 *
電話番号 *
送信

ありがとうございました。

お問い合わせは正常に送信されました。

近日中にご連絡させていただきます。

Your E-mail: partner@gmail.com